トップページ

歯も定期的な健康診断が必要です

歯も定期的な健康診断が必要です

これまでは、歯が痛くなったり、歯がグラグラしたりしてはじめて歯医者に行くことが当然だと考えられていました。
しかし、あらかじめ病気にならない口腔内環境を整えておけば、治療で痛い思いをしたりダメージを受けたりする負担がなくなるのはもちろん、歯を失うリスクにさらされずに済みます。そのため近年では、病気になる前にメインテナンスを受けることを目的として歯医者に行くという考えが広まりつつあります。

子どものうちにすべき予防・大人になってから行う予防

子どもの予防歯科と大人の予防歯科では、治療の内容が違ってきます。
子どもの歯は、非常にむし歯になりやすい環境にあります。早い段階からお子さまの口内環境をコントロールし、事前に虫歯を予防しましょう。
大人になってから行う予防歯科では、歯周病の原因である歯垢・歯石(細菌の住みか)の除去がますます重要となってきます。歯の病気になる前に、しっかりと予防を行いましょう。

  • 子どもの予防歯科
  • 大人の予防歯科

歯周病を放置すると大きなリスクに!

歯周病は成人の約8割がかかっています。
歯周病はお口の中でのみ影響を及ぼす病気ではありません、全身に疾患を及ぼす病気なのです。
狭心症や心筋梗塞、脳梗塞など、体の様々な部分に悪影響を及ぼすのです。

歯周病のリスク

セルフケアとプロフェッショナルケア

予防歯科には、ご自宅でできるセルフケアと、歯科医院で行うプロフェッショナルケアがあり、どちらも欠かす事の出来ないケアです。普段はご自宅でのセルフケアを心がけて頂き、セルフケアではどうしてもカバーできない部分を歯科医院でケアを行います。
セルフケアには正しいブラッシングや、フッ素での洗口、オーラルケアグッズの使用など、色々な方法があります。→

歯科医院でしか出来ないプロケア
コメントする