子どもの予防歯科

子どものための予防歯科

子どものための予防歯科

子供の歯は非常にむし歯になりやすい状態・環境にあります。
むし歯になってから治療を行うのではなく、お子様の口内環境をコントロールし、事前にむし歯を防ぎましょう。

むし歯は感染症!母子感染に注意!!

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、むし歯の原因となるミュータンス菌はいません。
む大人が口移しでものを食べさせたり、大人が使った箸で食事をさせたりすることで、お母さんや家族からむし歯菌をもらってしまうことが多いのです。

赤ちゃんのときから歯のケアを

赤ちゃんのときからきちんとデンタルケアをすれば、年をとっても永久歯を数多く残すことができ、いつまでもおいしくご飯を食べることができます。
統計によてば、24歳を過ぎると新たにできる虫歯の数は限りなくゼロに近くなります。健康な歯を維持するためには、小さい頃からしっかり予防していくことが重要です。

予防歯科の診療メニューについて

シーラント

シーラント

「シーラント」は奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。
あらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。
このプラスチックは虫歯を削ったとき詰めるものと同類のレジンという材料なので、きちんと埋めていれば虫歯にならないという考えで普及し始めました。

六歳臼歯に効果的

このレジンが長い間のうちにはがれてしまうことも考えられますが、いずれにしても短期的にはきちんと詰めればそれなりの効果があがっています。
生えて間もない奥歯の永久歯(六歳臼歯)は特に虫歯になりやすいので、この方法は有効です。

フッ素塗布

食べ物を食べると、その食べ物の中に含まれている糖分がお口の中で、分解され酸というものがつくられ、その酸によって歯の表面が溶かされ、虫歯が作られます。歯の表面にフッ素を塗布する事で、歯の質を強くし、虫歯になりにくくする処理です。
シーラントは奥歯の予防処置ですが、フッ素塗布は、歯全体の予防処置になります。
この2つの処置を行っていくことにより、虫歯の予防効果は高くなるのです。

シーラント・フッ素は予防処置ですので、この2つを行ったからといって、必ず虫歯にはならないというわけではありません。
ご家庭では、保護者のみなさんで仕上げ磨きを行い、食べたら磨く習慣をつけ、食生活の環境を改善することが大切です。

PMTC(歯のクリーニング)

歯や歯の周りには、バイオフィルムと呼ばれる細菌が作った膜ができます。バイオフィルムはうがいや通常のブラッシングでは、なかなか取り除けません。PMTCにより専用の器械を使って取り除くのが最も効果的な方法です。
また、歯ブラシの届かない所に汚れがたまりやすくなります。
PMTCはそのような所の汚れもきれいに落とします。

PMTCの効果は下記のとおりです。

歯質の強化・むし歯の予防
研磨用のフッ化物入りペーストにより、再石灰化(カルシウム等)を促進し、歯のエナメル質を強化します。
また、細菌性バイオフィルムを破壊し、プラークを除去し、再付着を防ぎ、虫歯を予防します。また、エナメル質表面へのカルシウム補給を助けます。
歯周病・歯肉炎の改善・予防
歯面から歯肉縁上ならびに、歯肉縁下1~3mmのプラークを除去することにより、歯肉の症状を改善します。
歯肉も引き締まってきますので、歯周病、歯肉炎の予防にもつながります。
口臭の原因の一つである細菌をきれいに取り除くので口臭予防にも効果があります。

ダイアデクノデント

ダイアグノデントとは、レーザーを使用したむし歯診断装置。歯にレーザーを当て、反射光を読み取ることで歯の組織の変化を捉え、むし歯の進行度合いを数値で表示できます。肉眼やレントゲンでは見つけにくいむし歯も発見できるため、早期発見・早期治療につながります。

ブラッシング指導

きちんとブラッシングしているつもりでも、自己流のブラッシング方法では意外と正しく磨けておらず、磨き残しができてしまうもの。正しいブラッシング方法を身に付けることで、効率よく歯の病気を予防できます。
当院では、まずは染め出し液を使ってプラークの付着をチェック。日頃、磨き残しができやすい場所を確認したうえで、歯1本1本に対して適切なブラッシング方法を指導します。また、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスの正しい選び方や使い方についても指導します。

カリエスリスク検査

むし歯にかかりやすいかどうかは、個人差があります。むし歯のかかりやすさを検査する「カリエスリスク検査」は、口の中のむし歯菌の数や1日の飲食回数、フッ素の使用状況、唾液の量と成分など複数の項目をチェックするという簡単なもの。0~24のスコアで表示された数値によって、患者様一人ひとりに合った予防計画を立案します。

唾液検査

唾液には、お口の中をむし歯菌の繁殖しやすい酸性から中性に戻す働きがあります。したがって、唾液の量が多い人や、唾液の中和力が高い人ほどむし歯になりにくくなります。

唾液検査はお口の中の細菌の数や唾液の量を調べ、むし歯に対する抵抗力を測定するという簡単な検査。患者様一人ひとりに合った予防対策を実現します。

歯医者は怖くない、楽しいところ!キッズクラブについて

キッズクラブ

小さなお子様ですと歯医者は「怖い」「痛い」「行きたくない」と感じることが多いと思います。
そのため、治療が必要な状態でもなかなか歯医者に行きたがらず、結果として症状が重たくなるケースも少なくありません。清水歯科医院ではお子様に楽しみながら虫歯を予防するためのキッズクラブを無料で開催しております。
キッズクラブではお口の中のチェック(検診)から歯磨き(ブラッシング)の指導、お口の中のクリーニングなどを、わかりやすく楽しみながらお子様が受けられるクラブです。
当院に来られるお子様はみんな「歯医者に行くの楽しいね!」と言っているようです。
幼少時期からの予防は重要ですので、ひとりでも多くのお子様が歯医者に行きたい!虫歯になりたくない!と考えてくれるよう当院スタッフ一同努力してまいります。
また、キッズクラブ参加のお子様にはアフターケアとしてフッ素塗布を行なっております。
詳しく知りたいママさんパパさんは医院までお気軽にお問い合わせください。

清水歯科医院情報

最寄り駅 久喜駅東口大通り栃木BK角入る
電話番号 0480-23-4566
診療時間 9:00-12:30/14:00-18:30
休診日 木曜・日曜、祝日/土曜は18:00
住所 埼玉県久喜市久喜東3-22-27